そのまま留学しても大丈夫?【後悔する前に今「英語力」を把握する重要性とその方法】

どーもー!KINAKOです。

2020年は留学や海外旅行を計画していた人にとって、歯がゆい一年だったのではないでしょうか?

各国で人の行き来が今も制限されていて海外留学や旅行の予定を遅らせたと言う人が大半ではないでしょうか?コロナ前のような海外への行き来がいつまた再開されるかも不確かな状況です。私もアメリカ在住で去年は日本に帰ることができずでした。

しかし、いつまでも立たない予定に悲観していても状況は変わりませんが、コロナ禍の今でもお家でできる留学の疑似体験をして留学の日に備えてみませんか?

この記事では留学前からの疑似体験の必要性、そして具体的な方法について解説しているので少しでも気になった人は是非最後まで読んでみてください。

そのまま留学しても大丈夫?

コロナが落ち着いてからいつか海外に行きたいと思っていて、もしも自分が、

  • 留学はしたいけど漠然と自分の英語力に不安がある人。
  • とりあえず留学して語学学校に通えば喋れるよになると思っている人。
  • 英語は中学、高校で習ったしそのまま留学しても大丈夫だろうと思っている人。
  • 留学する前に少し英語に慣れておきたい人。

上記のどれかに当てはまるのであれば、お家で簡単にできる疑似体験をしてある程度の自分の英語力を把握する事をおすすめします。ここで言う疑似体験とは英語の聞く力を動画コンテンツをみる事で追体験するという方法です。

ではなぜ今例に上げた人たちが海外に出る前に疑似体験が必要なのか、その理由を説明していきます。

日本で学んだ英語教育では通用しない?

もちろん学校で得た知識は少なからず役に立ちます。しかし、留学において必要なのは学校でいい成績を取る為の英語力だけでなく、海外で暮らすための実践的な英語力です。

留学をするのだから現地に行ってから学べばいいのでは?と思っている人は多いと思います。今まで義務教育で少なくとも5年以上は英語を学んできたのに聞き取れない・喋れない理由は日本にいるからで、英語を使う機会の無い日本にいる間にどれだけ勉強しても無駄だ!と思ったり、基礎的な知識はあるしきっとなんとかなると思う気持ちもわかります。

しかし、自分の英語を聞く力がどの程度か分からないままの状態で海外に行ってしまったり、学校で習った英語が最後に聞いた英語だという状態で(英語を聞くことに慣れていないまま)留学すると滞在期間中必ずといっていい程後悔します。私もその一人でしたし、沢山の知人が同じ悩みを抱えていました。

でもそれはごく当然のことで、例えば野球を例にとっても、本でいくらルールを学んで基礎的な野球の知識があっても実際にボールを使った練習もまともにしないまま、プロのピッチャーが投げたボールを打てるはずもありません。むしろ怖くて打席から逃げ出したくなるでしょう。

この例で言うと、学校の義務教育は基礎的な知識を身につけていた場であって、実践練習にさほど力を入れていない英語の教え方なのです。私の学生時代の先生も、ネイティブのように発音が綺麗で授業中はずっと英語を話すような先生や外国人講師の先生は数少なかったですし、学習内容も試験でいい点をとる為の文法理解と単語の暗記が主でした。

留学前にこの事を知り、自分の実戦的な英語力をきちんと把握してから留学するという人は少数なのではないでしょうか。

そもそも留学するのに疑似体験って必要なの?

疑似体験を通して、海外に出る前に自分が置かれるであろう環境を体験することは、決して無駄なことではありません。むしろ心の準備にもなり精神面においても有効です。

理由としては、留学初期に感じるストレスや孤独感を少しでも和らげることができるからです。

日本国内でも慣れない土地に引っ越すのは少なからずもストレスに感じることもありますよね。国内では言葉が通じるのであまり弊害がありませんが、留学となるとそうもいきません。生活環境を整えるといった基本的なことも英語を通してだと難易度がぐっと上がります。

また、留学開始時は孤独を感じやすいという事です。留学先で近くにいる知り合いの数も最初はさほど多くない場合が殆どですし、時差のある国だと容易に日本にいる家族や友人に連絡が取りずらいです。そういった環境は孤立感を感じやすいです。

上の二つは留学する人にとって避けられない現実です。そして、自分が英語を予想していた以上に話せないと感じると、イメージしていた理想と現実の差に悲観的してしまいホームシックになったり、せっかくの留学を十分にたのしめなくなってしまいかねません。

いくら頭でイメージしていても、実際英語のみを使って生活する事は、何の準備もしていない人にとって苦痛の時間になりかねません。そしてそのネガティブな経験を通して英語に苦手意識を持ってしまうと、英語力を伸ばしにくくなってしまうので注意が必要です。

留学前の疑似体験をもとに、自分にはもっと練習(疑似体験)が必要だなと感じれば、本番(留学)の前に疑似体験を何度も繰り返すことで経験値を上げていくことも可能です。疑似体験を通して少しづつ英語そのものに対する抵抗感がなくなり実践に役立つ英語力も次第に上がっていくはずです。

ネイティブの話している英語のスピードってそんなに早いの?

この記事を読んでいる人の中には、ネイティブの話す英語の速さに実感がわかないという人もいるかもしれません。

英語慣れのしていない日本人にとってネイティブの話す早さは本当に早いです。その速さに慣れていない人にすれば新幹線並みの早さで英語が目の前を通り過ぎていくかのよう。英語圏に旅行に行ったことのある人であればそういった経験もあるかと思います。

慣れない英語で勇気を出して「もう少しゆっくり話して下さい」とお願いしても、ふた言めには元のスピードで話されて会話にならず終了。ということも珍しくありません。

他には頑張って相手に質問したはいいものの、とても親切に返事をしてくれた内容が全く理解できず、パニックに陥るなんてことも、留学初期ではよくある事です。

いやいや、そんな大げさなと思いますよね。でも実際に、ネイティブの話す英語スピードを知らないまま留学し、あまりの速さについて行けず落ち込んでしまう人も珍しくないのです。むしろ、ほとんどの人が必ずと言っていいほど経験する言語の壁なのです。

自分は大丈夫だろうとたかを括ってしまう前に、疑似体験をして自分がどれくらいネイティブの英語のスピードについていけるかを確認してみましょう。

お家で簡単に英語力を見極める簡単な疑似体験の方法

それでは簡単にお家でネイティブの話す英語の速さを体感できる疑似体験の方法を紹介します。

その方法とは、テレビでもケータイからでもいいので英語の動画コンテンツを日本語・英語の字幕なしで英語だけで見てみる。 ただこれだけです。

いつも映画を見てるときは字幕で見てるから一緒でしょ?という人もいるかも知れませんが、全く違います。日本語でも英語でも字幕をつけてしまうと多かれ少なかれ意識を字幕に取られがちで、その字幕から得た情報でストーリーを理解してしまいがちです。

なので、疑似体験する場合は英語の音声のみ、字幕なしで動画コンテンツを見てみてください。

そしてこの方法で動画コンテンツを見てみると大体の自分の聞く力を図ることができます。英語の聞く力の目安としては大きく分けて以下の通りです。

聞く力の目安

  • レベル1:ドラマやリアリティーショーでの会話が全く聞き取れない。
    • 語学学校に行くのも現地で生活するのも怪しいレベル。
  • レベル2:ドラマやリアリティーショーなどが端々でなら理解できる。
    • 海外旅行で現地の人と少しならコミュニケーションできるレベル。
    • 語学学校に通っても何とかやっていけるレベル。
  • レベル3:ドラマやリアリティーショーなどがほとんど理解出来る。
    • 一般のカレッジでネイティブに混ざって講義を受けるレベル。
    • 簡単な仕事なら問題なく働けるレベル。
  • レベル4:ニュース番組の要点が理解できる!
    • 現地の会社で現地の人に混ざって働けるレベル。

*この目安は実際に私の経験と周りの人の経験談に基づくものなので実際には個人差があるかもしれません。そしてレベル4が最終地点ということではなく、あくまでも仕事場でもほぼ問題なくコミュニケーションが取れるという段階です。

リアリティーショーやドラマがニュースよりも難易度の低いラインに設定した理由としては、前者が比較的にニュースの英語のスピードより比較的に間もあり、出てくる英単語も日常生活に使うものが多いためです。

また、同じような内容のコンテンツでも、中には聞き取りづらいものや理解し難いものもあるので、ひとつのコンテンツだけで判断せず、複数を試して自分の英語力を把握するのをお勧めします。

実際に私が留学を経て確信した事

私の場合、留学開始当時はレベル1でした。現地の人と喋る機会があっても会話の内容を理解することがほぼできず、つらい思いをしていた頃です。この頃はテレビから流れている音、耳に入ってくる会話、ほとんど全て理解できずただ聞き流していました。周りにいる日本人の手助けなしでは無事に過ごすこともままならなかった頃です。

まもなく現地の彼氏ができたのですが、ほぼ毎週末パーティーに誘われ、行ってみると日本人は私だけという状況が続きました。聞き取れない英語をぼーっと聞き流す時間はもどかしかったです。

そしてその頃、その彼氏が毎日ドラマのフルハウスを私のために毎日何話かを一緒に見てくれたのです。そこで改めて気付かされたのは、当たり前のことですが、テレビであっても実際の会話であっても聞こえてくる英語を理解できない事に変わりはないということです。

実際に現地の人と会話する機会があっても聞き取る力がなければ、ドラマやリアリティーショーを理解できずにぼーっと聞き流している状況とほぼ変わらないのです。要するに、英語を聞いて理解するという事に関しては、テレビから流れてくる英語を理解する事も、実際に人との会話で理解する事も、大差は無いと言うことです。

人と直接会話することができれば、会話の中で聞き取れなかっり分からなかった単語を聞き返すこともできるという意見もあると思います。でも実際人と話すときはテンポが大事ですし、話の腰を折ってまで質問し続けるのも容易ではありません。

そして毎度一対一で会話できればまだ良いのですが、複数人での会話となると余計に会話に取り残されているいう孤立感が邪魔して集中力も途切れやすいと思います。

その気づきがあってから留学中に家で一人でいるときは、ひたすら自分の興味のあるテレビ番組を何度も何度も繰り返し、毎日数時間見続けました。そうやって聞いた事のある英語の数を増やし、何度も出てきて耳に残った英語の意味を覚えるという方法で地道にボキャブラリーを増やしていきました。

結果として、その方法が私には合っていて、聞く力が伸びている事を自覚でき、それが自信に繋がりました。

そうしていくうちに数年が経ち、今ではレベル4まで到達し、カリフォルニアの会社で現地の人に混じりフルタイムで働くまでになりました。

ここまで聞けるようになるまで、私なりにかなり地道な努力をコツコツ続けてきました。振り返って思うのは、自分を英語の環境にさらせば晒すほど英語力もぐんぐん伸びていくということです。

自信につながる留学準備を!

私はこの聞く力が最も基礎的で最初に伸ばしていくべき力だと思います。なぜなら根本的に聞き分けることができない人は発音することができないからです。そして、海外に出る前からでも、英語にある程度耳を慣らすことは可能だと過去の経験を元に確信しています。

その経験とは、私が留学してから英語を聞く力を伸ばした方法が、必ずしも外国でしか体験できない方法でなく、「ひたすら自分の興味のあるテレビ番組を英語で見続ける」というものだったので、誰もが日本にいる間でも、何も特別な事をしなくても、工夫一つで家にいながら作り出せる環境です。

昔の私が留学する前に自分の足りない英語力を疑似体験を通して気づき少し勉強をしていたなら、よりスムーズに海外生活が送れていたと思います。

「もうすでに英語でコンテンツは見た事はあるけど、具体的にどう学習に活かせば良いのかわからい」と言う人は、より細かくこの方法を通した勉強方をまとめた記事もあるので、是非そちらもチェックしてみてください。

少し長くなりましたが、今回は留学する前から少しでも英語の環境に触れる為の方法についてシェアしました。

ここまで読んでくれた方が少しでも楽しく海外で生活できるように、これからも応援できたら嬉しいです!

では、またね——!!???

Comments・コメント Enter the letters and numbers below in the first box. Leave a comment in the second box.

タイトルとURLをコピーしました